転用とは違う!光コラボから光コラボへ乗り換え



フレッツ光から光コラボへの乗り換えは「転用」とう形で簡単に出来ました。
これと同じく、光コラボから光コラボへ乗り換えるのも簡単にできそうなイメージですが、あくまでも転用ではなく新規扱いになるので、転用より注意して欲しい点が幾つかあります。

また、乗り換え先の光コラボも失敗したくありません。
そこで、おすすめの光コラボと乗り換えまでの手順やシュミレーションを紹介します。

最後の方には、乗り換え先におすすめ光コラボを紹介していますので、お見逃しなく!

光コラボからの乗り換えは新規扱い



光コラボから光コラボへの乗り換えでの重要なポイントは、「転用ではなく新規扱い」という事。

この乗り換えは、利用している回線が同じフレッツ回線網ですが、あくまで事業者がNTTから回線を借りているだけで、サービス自体は別という解釈になります。

「転用」と同じように事は進まないことだけは頭に入れておきましょう。

こう聞くと余り良いイメージはありませんが、悪いことばかりではなく新規だけにキャンペーンも適用されます。

失敗しない乗り換え先の選び方


別の光コラボへ乗り換える理由の多くは、「速度が遅くなったから」。

光回線の速度については、「100%この光コラボが速いよ」とオススメできないのが現状です。
なぜなら住んでいる地域の通信環境や混雑状況、自宅の通信環境など、それぞれ違うからです。

「だったら、運に任せて乗り換えるしかないのか」と言いたくなりますが、そんなこともありません。
速度が期待できるIPv6のサービスがある光コラボ縛りが無い光コラボを選べばよいのです。

IPv6対応プロバイダを選ぶ

IPv6とは、現在主流のIPv4につぐ、次世代ネットワーク。
完全移行まではまだまだ先ですが、IPv4アドレスが不足状態である為、十分に対応できるIPv6へ向かう流れではあります。

では、このIPv6だと何故回線の速度が期待できるのでしょうか?

そもそも、 速度が遅くなる共通した原因の一つに、プロバイダの網終端装置の混雑があげられます。
この混雑は、自分のところでどれくらい混雑しているか具体的に知る術がありません。

しかし、IPv6にすると混雑を避けて通信できる様になります。

大雑把に言うと、「道路の渋滞を避けて通る」イメージに近いでしょうか。



ですから、光回線は使ってみなければ分からないところがあった訳ですが、IPv6を利用すると混雑を避ける事が出来るので、他よりも速度に期待が持てる訳です。

⇒乗り換えにおすすめのプロバイダの紹介

IPv6でも注意が必要

ただし、光コラボがIPv6に対応しているからと言って、即決してはいけません。
IPv6の接続方式は2種類あって、速度が期待できるのIPoE方式の方だからです。

ですから、乗り換え先は、 IPv6(IPoE)接続方式対応しているプロバイダが提供する光コラボを選んでみてはいかがでしょうか。

更にIPoE接続方式にの中でも、「v6プラス」「DS-Lite」「IPv6高速ハイブリッド(IPoE IPv6 + IPv4)」という技術採用しているものを選びましょう。

いくらIPv6で高速になるといっても、あくまでもIPv6に対応したサービスのみ。
まだまだ少ないのが現状です。

しかし、この3を採用している光コラボは、従来のIPv4もカプセル化して高速にします。

IPv6(IPoE)接続方式に対応している光コラボ

対応している光コラボはまだまだ少ないです。

「v6プラス」を採用した光コラボ

  • @nifty光
  • DMM光
  • ビックローブ光

「DS-Lite」を採用した光コラボ

  • IIJmioひかり
  • excite MEC光

「IPv6高速ハイブリッド(IPoE IPv6 + IPv4)」を採用した光コラボ

  • SoftBank光

「その他」の光コラボ

  • ドコモ光(@nifty光/GMOとくとくBB/ビックローブ光)

※ビックローブ光は2017年8月から自身でのサービス提供をはじめましたが、速度や仕組みは変わりません。

サービスの提供状況は、光コラボによって違います。

現在利用中のアクセス回線(ファミリー・ギガラインタイプ、ファミリー・ハイスピードタイプなど)によって、IPv6(IPoE)接続方式が利用出来ない場合があります。

また、対応ルーター(ひかり電話対応ルーターなど)が必要となります。

縛り(継続期間)が無い光コラボ



光コラボでは、縛り(継続期間)がないプロバイダもあります。
これだと、乗り換え先の光コラボが気に入らなかった場合、「解約金を払う」や「2~3年後の更新月まで我慢する」必要がありません。

縛りが無いと言っても、「始めから縛りなし」と「最低利用期間を経過した後の縛りなし」の2つのタイプがあります。
もちろん、「始めから縛りなし」が良い訳ですが、そうなると数えるほどもありません。

有名どころであれば、ぷらら光とエキサイト光位でしょうか。

これらの光コラボだと、基本的な契約であれば縛りや解約金がありませんが、キャンペーン適用の条件に2年縛り、お得なオプションを使う条件として2年縛りなど、条件付きの2年縛りがある場合があります。

基本契約以外の申し込み、特に公式サイト以外のキャンペーンでは、条件がそれぞれ異なる場合もありますから、注意事項をよく読んでから申し込みましょう。

次の光コラボの乗り換え先によっては、新たに工事費などの初期費用がかかる場合もあります。
こちらも乗り換え前に確認しましょう。

⇒乗り換えにおすすめのプロバイダの紹介

乗り換えのタイミング



何処の光コラボへ乗り換えるかの目星がつけば、後は手続きだけ。
乗り換えのタイミングや何を注意すればよいかを見ていきます。

更新月以外での乗り換えは解約金がかかります。

大体の光コラボは、サービス開始月を1カ月目として25カ月目に更新月を設定している所が多く、自動更新なのですから、こちらから解約の手続きしない限り更新されてしまいます

光コラボは2015年2月からサービスが開始されているので、そろそろ更新月が来るという人もいるのではないでしょうか。

ただ光コラボによっては、継続利用期間が3年もあれば、逆に設けていない所もあります。

また、フレッツ時代と同じプロバイダの光コラボにした場合は、前の継続利用を引き継いでいる可能性もあり、あなたの更新月が25カ月目に来るとは限りません。

いずれにしても、途中の乗り換えだと解約金が発生する為、それを回避するには更新月で解約するしかないので会員専用ページなどで自分の更新月を確認してください。

解約金は各光コラボによって金額も違いますが、余計な出費である事は間違いありません。

「もう更新月が過ぎてしまっていて、1年以上待てない・・・」という方は、次に乗り換える光コラボにキャッシュバックのキャンペーンがあれば、それで相殺する手もあります。

転用との違いと注意点

フレッツ光のプロバイダをOCNにしていた人が、OCN光に転用した場合など同じプロバイダへ転用された方は、さほどの作業も要らず乗り換えでき、サービス面もそれほど変化はなかったのではないでしょうか。

同じプロバイダであれば、サービスを引き継げるのも転用ならではのものです。

これが他コラボへの乗り換えとなると、工事費がかかるのはもちろんの事、メールアドレスが変更、プロバイダセキュリティなどオプションが使えなくなる、ひかり電話の番号が変わるなど今まで通りのサービスも使えなくなります。

そして何よりインターネットの設定のし直す必要があります。

工事費がかかる

新規扱いですから転用では発生しなかった工事費も乗り換え先では発生

「同じ回線網を利用しているのに何で?」と思ってしまいますが、初めて回線を引いた時の様な大々的な工事にはならないものの、設置する装置を取り替えるなど何らかの作業はあります。

工事費は、解約金と違い必ずかかる出費ですが、先ほどと同様に乗り換え先の光コラボで工事費分のキャッシュバックや相当分の月額料金の割引を行っているところを選べば、出費を減らすことができます。

ひかり電話の番号は変わる!

光コラボのオプションでもある「ひかり電話」を利用している方もいるかと思います。
携帯電話を乗り換えた様に電話番号も引き継げるイメージもありますが、ひかり電話の場合は引き継げない場合も。

まず、引き継ぐ為には、現在でもNTT加入権を持っているかがポイント。

もし、NTT加入権があれば、一旦アナログ回線に戻して乗り換え後に新たにひかり電話に申し込む方法で引き継ぐ事が可能です。
つまり、NTT加入電話(発番)からひかり電話にした経緯がある方なら番号を引き継げる可能性もあり。

このNTT加入権は、固定電話を利用した経験がある方なら所有しているハズ。
ただ、ひかり電話を利用し始めた時点からNTT加入権が休止状態となり、10年間使われなければ権利は消滅するのでご注意ください。

手続きが少し面倒で、アナログへ戻すための費用と工事も必要となりますが、これで電話番号は変わりません。

NTT加入権さえ持っていれば、また光コラボを変えても、この方法で引き継げます。

もし、持っていなければ、残念ながら、光コラボを乗り換える事でひかり電話番号が変わってしまいます。

転用とは違う光コラボ乗り換えの流れ

例えば、
6月に更新月を迎えるとした場合、どの様な手続きをとればよいのでしょうか。

5月: 乗り換え先へ新規の申し込み
解約してから申し込むとネットが利用できない期間が長くなってしまいます。
余裕を持って解約予定月の1か月前から申し込みましょう。
そうする事で、自分の希望日に工事に来てもらえる可能性が高くなります。

工事希望日が3~5月中になるなら、繫忙期ですのでもう少し早めの方が良いかもしれません。
解約に合わせて先に申し込んでおけば、ネットが利用できない期間を最小限にすることが出来ます。

6月: 解約手続きをとる
なるべくなら更新月に手続きしましょう。
手続きを終えると月末に終了となります。

レンタル機器の返却
ブロードバンドルーターなどレンタル機器は返却となります。
合わせてそれに付属する電源アダプタやLAN ケーブルも対象となります。
光コラボによっては、返却専用キットを送ってくれます。

7月: 工事・設定
新規申し込み時に決めた工事が完了すれば、開通となります。
この後、パソコンなどに新たにネットにつなぐための設定をします。

フレッツ時代と違うプロバイダの光コラボに転用した方なら、少しは経験したことがある作業かも知れません。
ただ、ネットは途切れなく使えたはずです。
乗り換えでは、工事日が開通日になるので、これをいつにするのかが重要。
早めの5月から申し込みの手続きをして、7月の上旬位に工事日を決めることが出来ればベストです。

同じプロバイダへ転用した方は、どれも行わなかった作業ではないでしょうか。
それでも期日に余裕をもって順番通りに進めれば、問題ありません。

乗り換え先おすすめ光コラボ

現在おすすめできる光コラボは万が一回線速度が遅くてもカバーできるIPv6(IPoE接続方式に限る)を提供する光コラボ。
中でも、「DMM光」はおすすめです。
「大手プロバイダの方が無難だし、サービスが多い」というユーザーは、代理店からの申し込めばお得に。

また、始めから縛りがない光コラボも解約金が発生しないので、いつでも乗り換え可能であり、選択肢の1つにもなります。
「手軽に乗り換えたい」という方は、こちらの選択肢もアリではないでしょうか。

IPv6で快適ダウンロード!DMM光

公式サイト:DMM光

月額料金
戸建て マンション
4,820円 3,870円

IPv6のIPoE接続方式で速度が期待できることはもちろん、DMM動画とDMM電子書籍はプロバイダ直結で爆速ダウンロードで快適。
最低利用である24ヶ月を過ぎれば、契約の自動更新がなく、解約金も発生しません。

DMMでは格安SIMを提供しており、DMM光とこのDMM mobileをセットで利用すれば、セット割で更に500円も割り引かれます。

また、キャンペーンにより、他社の光コラボからの乗り換えも工事費無料で初期費用を大幅に削減出来てお得に。

ただし、限定のキャンペーンですのでタイミングによっては、これよりお得でない場合があります。

⇒現在のキャンペーンは?【DMM光】の公式サイトを見てみる

縛りなし!ぷらら光

公式サイト:ぷらら光

月額料金
戸建て マンション
4,800円 3,600円

NTT系列であるぷらら光は、縛りも解約金もありません。それなのに月額料金も抑えています。

特徴的なのは、光テレビのエントリープランが無料で楽しめる事。もっと動画を楽しみたいならセットがお得ですが、「光テレビにねん割」などは2年間の継続利用を条件に割引されるので注意が必要です。

価格ドットコムの「ネット回線満足度ランキング2017」では、北海道・東北ブロックで満足度総合2位、通信速度は1位となっています。
これらの地域に該当する方は、検討の価値あり。

⇒サービスが充実、縛りなし・解約金なしの【ぷらら光】

失敗しない代理店の選び方

工事費+解約金相当分のキャッシュバックがある光コラボを狙えば相殺されます。
しかし、残念ながらこの様な高額キャッシュバックがある光コラボは少ないです・・・

自分が乗り換えたい光コラボのキャンペーンがあまり良くない場合は、代理店を通して申し込みもアリ。

光コラボのキャンペーンで工事費相当分を、代理店の方で解約金相当分のキャッシュバックを狙う訳です。

例えば、株式会社ラプターという代理店からBIGLOBE光を申し込んだ場合、工事費相当分のキャッシュバックの他、代理店から1万円のキャッシュバックもあります。
BIGLOBE光の公式サイトから直接申し込むと1万円のキャッシュバックはありません。

公式サイト:株式会社ラプターオプション加入条件無し!フレッツ光 or 光コラボキャンペーン

代理店を通すだけで、ほぼ乗り換えにかかる初期費用を回収できます。

ただし、注意したいのは代理店の選び方。
キャッシュバックに目がくらんで高額キャッシュバックの代理店を選ぶと、余計なオプションに加入しなければならなくなり、かえって高くつきます。

この様な悪質な代理店も多いので注意しましょう。

その点、ラプターは、NTTに表彰されている会社ですので安心ですね。

⇒オプション加入条件無し!フレッツ光 or 光コラボキャンペーン

光コラボから乗り換える方の多くは速度が遅いなどサービスが気に入らないからです。
それなのに、損をしないために更新月まで利用しなければならないのは苦痛ですね。

今すぐに乗り換えたいなら、代理店からの申し込みも考えて見てください。

乗り換え先光コラボおすすめ
DMM光

回線速度には定評のあるDMM光。

◎V6プラス対応!
◎キャンペーンが豪華!
◎お得な料金プラン
◎DMMのサービスが速い

SoftBank光

回線速度には定評のあるDMM光。

◎V6プラス対応!
◎キャンペーンが豪華!
◎セット割あり
◎速度に定評あり

ドコモ光

プロバイダ選びは要注意!

◎V6プラス対応!
◎ドコモスマホとのセット割
◎選べるプロバイダ

光コラボへの乗り換え
スポンサーリンク
フレッツ光から乗り換えるなら|おすすめの光回線は