思わぬ違約金が・・転用でプロバイダ変更の場合

フレッツ光から光コラボへの転用は、「違約金が発生しない」のが1つの売りですが、あくまでもフレッツ光で利用していたプロバイダの光コラボに変えた場合。

プロバイダを変えた転用ですと思わぬ違約金が・・・

更新月のあるプロバイダに注意!
更新月があると、この月以外の解約には違約金がかかります。

NTT東日本なら「にねん割」、西日本ならWeb光もっともっと割」などがそれに当たる訳ですが、これと同じサービスがプロバイダでも。

現在の所は、

・OCN
・So-net
・nifty

24ヵ月ごとの定期契約を条件として月額料金を安くする独自の割引を実施。
戸建てタイプの方は割引の対象ですが、マンションタイプはプロバイダによって該当しない場合もあります。

気になる違約金は、以下の通り。

違約金一覧

プロバイダ プラン 違約金
戸建て マンション
OCN 2年割 2,400円 1,200円
nifty ホームタイプ 2年割プラン 3,000円 なし
So-net So-net長割 3,000円 なし

加入した当時にはこの割引がなくても、途中から加入しているケースもあります。
また、加入時に自動で申し込みになっているケースもありますので、心当たりが無くても当てはまるプロバイダを利用中のユーザーは、一度確認してみましょう。

最近フレッツ光に加入された方
「最近フレッツ光に加入したけど、光コラボの方が安いので転用したい」ユーザーは、最低利用期間による違約金があります。注意しましょう。

主要プロバイダの違約金は以下の通り。
plala以外は戸建て・マンション共に同一住所料金となっています。

プロバイダ 最低利用期間 違約金
AsahiNet 12ヵ月 2,000円
BB.excite 24ヵ月 6,000円
BIGLOBE 開通翌月+23ヵ月 5,000円
DTI 24ヵ月 10,000円
hi-ho 24ヵ月 10,000円
plala 24ヵ月 9,000円(戸建て)
1,500円(マンション・ミニ)
5,000円(マンション)
WAKWAK 24ヵ月 6,000円

この他にも、キャンペーン適用条件として最低利用期間を設けたりしています。
ただ、期間が24か月以内の条件が多く、すでに24ヶ月以上経過しているなら何れにせよ安心ですね。

乗り換え先光コラボおすすめ
DMM光

回線速度には定評のあるDMM光。

◎V6プラス対応!
◎キャンペーンが豪華!
◎お得な料金プラン
◎DMMのサービスが速い

SoftBank光

回線速度には定評のあるDMM光。

◎V6プラス対応!
◎キャンペーンが豪華!
◎セット割あり
◎速度に定評あり

ドコモ光

プロバイダ選びは要注意!

◎V6プラス対応!
◎ドコモスマホとのセット割
◎選べるプロバイダ

光コラボへの転用
スポンサーリンク
フレッツ光から乗り換えるなら|おすすめの光回線は