プロバイダの工事は乗り換えで必要?

「プロバイダの工事がありそうだから乗り換えは面倒だ。」
と思う方も少なくないようです。

しかし、この中の多くの方は、勘違いしているかも知れません。

ここでは、プロバイダの工事費の他に、それに関係するトラブルや回線の工事についてまでを見ていきます。

プロバイダは工事不要

まず、プロバイダの工事は必要ありません。ただし、回線の工事は必要な場合があるので注意しましょう。

プロバイダの工事費を請求されたけど・・・

もし、プロバイダだけの乗り換えで何らかの料金を請求されたのなら、違約金である可能性が高いです。

料金を請求されたので工事費がかかった=乗り換える時に工事をした

と思っているのかも。

これについては幾つかの違約金が関係しています。

考えられる違約金は、

・プロバイダ割引
・キャンペーン

の2つ

プロバイダ割引の違約金

継続利用を条件に月額料金を割り引いているプロバイダも幾つかあります。
契約時に加入したつもりが無くても、すでにプランの中に組み込まれているので、気づかなかった方もいるのでは。
2年に1回又は3年に1回の更新月があるので、このタイミングで解約しましょう。
更新月の確認は会員ページなどで確認する事が出来ます。

NTT東日本の2ねん割などNTT側のキャンペーンは違約金が発生せず、引き続き継続されます。

キャンペーンの違約金

新規で加入したとき、キャッシュバックや割引、賞品などのキャンペーンがあった場合、適用条件があったはずです。
キャンペーン適用条件の確認は見過ごす人が多いので、意外な落とし穴に。
こちらは、「ある一定の期間は利用してください」という内容のものが多いので、加入してから2~3年経過しているなら、まず大丈夫な場合がほとんどです。

使い始めてから年数がたっていれば、解約時にはいろいろなトラブルはつきものです。

「更新月があと2年も先なんですけど・・・」という方は、auひかりを狙ってみましょう。

回線自体が変わるので、キャンペーンが適用され、違約金はもちろん、回線の工事費まで負担してくれる豪華な内容となっています。
興味があれば確認してみてください。

ちなみに、適用条件は
変わっている場合もあるので、確認しましょう。

回線の工事を知る

新しい光回線を利用する時に工事は必須です。
回線工事で押さえておきたいのは、工事にかかる期間、工事費、内容の3つ。

・工事にかかる期間

申し込み時に回線工事日を決める訳ですが、流石に翌日と言う訳にはいきません。
一般的には申し込んだ日から1か月が目安となります。
混雑すると1か月以上は待たなければならず、工事の申し込みは引っ越しシーズンに多く、3~5月は1か月以上待たなければいけないでしょう。

・工事にかかる費用

フレッツ光から他回線へ乗り換えた時の工事費は、居住タイプや周りの通信環境などにより異なりますが、30,000~40,000円はかかると思ってください。

支払い方法は、「分割払い」を選ぶ方が多いのではないでしょうか。
毎月の月額料金に加算されるので、申し込み時に用意する心配はありません。

・工事内容は

流れは以下の通り。

新光回線に申し込む

工事日を決める

屋外から光ファイバーを引き込む

室内に光ファイバーを引き込む

ホームゲートウェイと接続する


ネットが出来るように設定する

囲まれた箇所が業者の工事となります。

こちら側の作業としては、ネットが出来るように設定する事。
送られてきた書類には、ネットにつなぐためのIDとパスワードがありますので、準備しておきましょう。

工事費は無料にできないものか

先ほども触れたのですが、光回線によっては加入時期に工事費が無料になるキャンペーンがあります。(時期により内容は変わります)
例えばauの場合、工事費の分割払いが相殺されたり、大幅に割引くなど。

工事費は大きな負担となるので、このチャンスを見逃さずに。

また、光コラボだけは例外で、
フレッツ光からの乗り換えは「転用」と言いい工事不要です。

ドコモ光やSoftbank光などNTTから回線を借りてサービスを提供している光回線サービスがこれに当たります。
現在ご利用中のプロバイダ以外のプロパイダが提供する光コラボへ転用する場合も、工事費は無料。(回線コース変更は除く。)

1回きりのチャンスですので、光コラボへ乗り換えの際は慎重に。

プロバイダの乗り換え

プロバイダを乗り換える手続きは、ネット上だけで済みます。
まず、新プロバイダへの申し込みから。

「プロバイダの乗り換えのみ」で申し込みます。
手続き後、IDやパスワードが記載された書類が送られてくると思います。

次に解約手続き。
プロバイダにもよりますが、一般的には月単位の契約になっています。

「電話」と「ネット」の2つの解約方法がありますが、電話だと書類が送られてくるケースがほとんどなので、その場で手続きできるネット解約がおすすめです。

15日までとか20日までなど解約を受け付ける期日はプロバイダによって決まっています。
それを過ぎると翌月の解約となるので、注意しましょう。

新規は申込済みですので、これだとインターネットを使えない期間はありません。

この手続きだけで乗り換えれるので、工事が必要ない事が分かります。

工事が必要な場合というのは回線自体を乗り換える時
auひかりや地方回線などに乗り換える場合ですね。

この様に、プロバイダの工事というのは無く、何らかの工事が必要だと言われたら、大体が回線の工事であるということになります。

まとめ

プロバイダでは工事がある訳ではなく、工事があるのは回線の乗り換えた時だという事が分かりました。
もし、何らかの料金が発生したら、違約金が発生していないか回線も変更していないかを確認しましょう。

サービスに不満でプロバイダを乗り換えたいのであれば、フレッツ光内でプロバイダを乗り換える事で解決される場合が多いです。

もし、速度に不満であれば、思い切って回線ごと変えるのもあり。
必ず速度問題が解消される保証はありませんが、フレッツ光内の乗り換えよりは期待は出来ます。

この場合、auひかりの工事費無料のキャンペーンを利用した乗り換えをおすすめします。